1. HOME
  2. 病院のご案内
  3. 部門のご紹介
  4. 薬剤部
  5. 脂質異常症の薬

病院のご案内

薬剤部

脂質異常症の薬

薬物療法について

食事療法や運動療法を行ってもLDLコレステロール値や中性脂肪値が下がらない場合は、薬による治療が必要になります。脂質異常症の治療薬にはいくつか種類があり、その作用や効力等を考慮した上で適した薬が用いられます。

主にコレステロールを下げる薬
お薬の種類はたらき当センター採用薬
HMG-CoA還元酵素阻害剤
(スタチン系薬剤)
肝臓でコレステロールを合成する時に必要な酵素(HMG-CoA還元酵素)を阻害して、コレステロールが作られないようにします。そのため肝臓で不足したコレステロールを補充するために血液中のコレステロールが肝臓に取りこまれ、血液中のコレステロール値が下がります。プラバスタチン
シンバスタチン
アトルバスタチン
ピタバスタチン
クレストール 等

コレステロール低下のメカニズム

陰イオン交換樹脂製剤胆汁酸(肝臓でコレステロールを原料に作られる)と結合してコレステロールの排泄を促進させます。体内に胆汁酸が少なくなると、肝臓はその不足分を補おうと、コレステロールを活発に消費するようになり、その結果、総コレステロールが減ることになります。コレバイン
プロブコール肝臓へのコレステロールの取りこみが促進され、血中のコレステロール値が低下します。また、LDLコレステロールの酸化を抑えて(抗酸化作用)血管壁へのコレステロールの沈着を防ぎます。シンレスタール
小腸コレステロール
輸送体阻害剤
小腸から血液中へのコレステロールの吸収を阻害して、血液中のコレステロールの増加を防ぎます。ゼチーア
主に中性脂肪(トリグリセライド)を下げる薬
お薬の種類はたらき当センター採用薬
フィブラート系薬剤リパーゼの働きを活性化して、中性脂肪の分解をします。また、HDL(善玉)コレステロールを増やして、LDL(悪玉)コレステロールを減らす働きもします。ベザフィブラート
リピディル
ニコチン酸類肝臓で中性脂肪の合成を抑制します。
また、手足の血管を拡げて血液の流れを良くする作用もあります。
ユベラ
EPA製剤EPAとは、青魚に含まれる脂肪酸の一種です。血小板に働き、血栓が出来るのを予防したり、中性脂肪を下げたりします。エパデールS900
ロトリガ

注意事項

食事療法も、運動療法も・・・
薬物療法を行うことになっても、食事療法と運動療法をやめてはいけません。3つの療法をきちんと続けることが大切です。
薬を勝手にやめない・・・
薬の効果を感じなかったり、体調がよくなったりして薬をやめたい、減らしたいと思っても自分で判断するのは禁物です!どんなことでも医師に相談しましょう。
薬を飲み忘れたら…
思い出した時にすぐに服用してください。もし、次の服用時間が近い場合は1回分とばして下さい。忘れたからといって2回分をまとめて服用してはいけません。
  • 初診の方へ 受付時間 9:00-11:30
  • 再診の方へ 事前にご予約が必要です
  • 外来診療担当表
診療時間
初診 9:00-11:30
再診 予約制
079-293-3131
休診日 土・日曜日、祝日、
12月29日から1月3日
TEl 079-293-3131

診療科ごとの休診日は外来診療担当表をご覧ください。

外来診療担当表
交通アクセス
アクセス
〒670-0981
兵庫県姫路市西庄甲520
詳しいアクセス