1. HOME
  2. 病院のご案内
  3. 部門のご紹介
  4. 看護部
  5. 継続教育について

病院のご案内

看護部

継続教育について

教育理念

看護職員一人ひとりの人間としての成長と、専門職業人としての能力開発をめざす。

基本方針

看護の本質を追及し、科学的・創造的・主体的な看護活動ができるよう看護職員個々の能力を伸ばす。

到達目標

業務遂行のための基本的態度
与えられた仕事を責任もって
成し遂げる。
仕事に積極的に取り組み、
自己啓発を行う。
協調的で人間関係をうまく保つ。
服務規律やチームのルールを守る。
感性がやわらかく共感性が高い。
身だしなみがよく、礼儀正しい。
自己の健康管理ができる。
素直に感情を表現でき、
アサーティブな行動ができる。
各看護単位でのOJT
基礎学習の補充と専門的知識の習得
看護技術の習得
(基礎的なマニュアル学習と経験による技術の習熟)
段階的な看護実践体験による
実践能力の向上
PNSにおける各役割業務の遂行
プリセプター・臨地実習指導者としての指導技術訓練
チームリーダーの育成
グループ活動による役割遂行能力
および問題解決能力の向上
集合教育
組織の活動目標、指針の理解
看護援助の基本と経験の振り返り
対象の理解とコミュニケーション技法のグループ学習
看護理論の活用と実践への統合
看護実践能力評価基準による自己査定
チーム活動のための理論と諸技法の
習得(グループ学習)
研究活動の支援

人材育成の特徴

看護師一人ひとりに応じたキャリア開発支援のため「兵庫県立病院看護職キャリア開発ラダー」を基盤に目標管理制度や研修による人材育成を行っています。

看護のやりがい一人ひとりが輝ける職場

院内継続教育計画

看護師のキャリアに合わせて、様々な院内集合研修があります

急性期医療を実践する看護師として看護実践力を高める院内研修をラダー別に実施しています。
実践に活かせる研修、個人のキャリアを伸ばす研修を心がけています。

  • ラダーⅠ:指導を受けながらマニュアルに沿って実践するレベル

    *ステップアップ研修 ~個別性のある看護って~
    *看護実践と倫理研修 ~おやっ?もやっ?を大切に~

  • ラダーⅡ:自立して標準的な看護を実践し、メンバーシップを発揮するレベル

    *メンバーシップ・リーダーシップ研修 ~あなたが目指すリーダー像は?~
    *プリセプター研修 ~共に学び 共に成長~
    *リフレクション研修 ~看護体験を語ろう~

  • ラダーⅢ:個別的な看護を実践しリーダーシップを発揮するレベル

    *アソシエイト研修
    *看護研究 ~現場の課題を研究で取り組もう~

  • ラダーⅣ:熟練した看護を実践し、チーム医療を推進するレベル
  • ラダーⅤ:チーム医療の要となり、創造的にリーダーシップを発揮するレベル

    *マネジメント研修 ~部署の課題 チームを巻き込み改善しよう~
    *ナレッジ研修 ~看護の知を概念化・共有化しよう~

  • その他専門コース(全レベル対象)

    *災害看護研修 ~災害モードに切り替えろ~
    *フィジカルアセスメント達人コース ~臨床推論~
    *退院支援看護師育成コース ~地域とつなぐ達人を目指せ~
    *静脈注射研修 ~これであなたもIVナース~

当センターの求める看護領域

兵庫県病院群のひとつである兵庫県立姫路循環器病センターは、兵庫県西部地域における循環器疾患の専門病院で三次医療を提供する救命救急センターと災害拠点病院の機能を併せ持った急性期病院である。兵庫県西部地域でも、人口構造の高齢化・疾病構造の変化、医療技術の進歩、医療変革の進展に伴い看護職の業務は変化し、さらに役割の拡大を求められている。
また、対象患者は循環器系の慢性疾患を持つ高齢者や重篤な合併症をもつ重症例が多い。そのため、看護師は急性期看護に加え、回復の促進、二次的障害の予防や退院後の生活に向けてのケア計画、患者・家族が疾病に適応するための援助などの地域につなぐための回復期、慢性期看護の領域、また、リハビリテーション看護や救命救急看護にも対応できる能力が必要となる。

院内継続教育計画

求める看護師像

当センターの求める看護師像

新人看護師の継続教育について

1)新人看護師の1年間

看護師としてスタートラインに立った新人看護師を病院全体で応援します。

新人看護師の1年間

2)新人看護師教育支援体制

  1. 教育担当看護師長が技術・精神面のサポート
  2. 当センターは循環器疾患の専門性の高い医療に取り組み、さらに第三次救急を担う救命救急センターとして地域の医療に貢献しています。そのため、新人看護師の1年間は、病院のこと、病棟のこと、疾患のこと等覚えることがたくさんあります。教育担当看護師長は新人看護師が、確実に安全に、そして「看護が楽しい」と感じられるように現場とつながった院内研修を企画し、看護実践を支援します。また、リエゾン看護師と一緒に不安なこと困っていること自信のないこと、どんなことでも一緒に考えて応援します。なりたい自分になるための第一歩を支援しやりたい看護を応援します。

  3. プリセプターシップで安心して職場に適応
  4. 当センターではプリセプターシップを導入しています。プリセプティ(新人)はプリセプター(先輩)とともに歩みます。病棟では看護師長をはじめスタッフ全員で新人看護師を支えます。部署ごとに指導計画を作成し、きめ細かい指導をしているためプリセプターもプリセプティもお互いが成長できる環境が整っています。

    【プリセプティ】

    4月に循環器内科病棟に配属されました。仕事を覚えることに必死であっという間に3か月が過ぎました。まだまだ不安や戸惑いがあり、思うように動けず落ち込むことも多いですが、プリセプターさんは、優しく丁寧にひとつずつアドバイスしてくださりとても心強い存在です。

    【プリセプター】

    プリセプターとなり、人に教えることの難しさや自分の知識不足、責任の重さを感じますが、プリセプティができることが増えるととても嬉しく刺激を受けます。プリセプティとともに私自身もたくさんのことを学び吸収し、一緒に成長していきたいです。

    教育指導体制 教育指導体制

  5. 『看護技術 A(あんぜん)K(かくじつ)B(ばっちり習得)』定期的に看護技術の支援
  6. 「一度経験しただけでは覚えられない」「患者さんの前で先輩に根拠を聞きにくい」「自部署ではあまり経験できない技術がある」などの新人看護師の看護技術に対する悩みに支援して、繰り返し看護技術の練習ができる自主参加の研修会を開催しています。どんな看護技術も新人看護師が臨床の患者をイメージしながら、安全で質の高い看護を提供できるよう定期的に支援しています。

    令和元年度看護技術AKB(例)
    5月: 採血 8月: 血液培養
    6月: 清潔操作・ガウンテクニック 9月: 呼吸管理 
    7月: SBAR 10月: 筋肉注射

    看護技術の支援 看護技術の支援

  7. PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)で安心・安全な看護を提供
  8. 当センターは循環器疾患の専門性の高い医療に取り組み、さらに第三二人の看護師がパートナーとなり、看護を協力して行う看護体制です。相談し合いながら患者さんに対応できるため、看護の質が高まります。また、新人看護師にとっては先輩がそばにいるため、安心なのはもちろん、早く技術や知識を身につけることができます。

    1日の動き下書き1年生

  9. スキルラボ室で、いつでもシミュレーション
  10. 不安な技術や救急蘇生訓練など シミュレーション機器で、随時誰でもトレーニングが行えます。

  11. 病院職員全員でのサポート体制
  12. ネームプレートのひもを橙色にして新人看護師の成長を病院職員全員が見守ります。

  • 初診の方へ 受付時間 9:00-11:30
  • 再診の方へ 事前にご予約が必要です
  • 外来診療担当表
診療時間
初診 9:00-11:30
再診 予約制
079-293-3131
休診日 土・日曜日、祝日、
12月29日から1月3日
TEl 079-293-3131

診療科ごとの休診日は外来診療担当表をご覧ください。

外来診療担当表
交通アクセス
アクセス
〒670-0981
兵庫県姫路市西庄甲520
詳しいアクセス