1. HOME
  2. 病院のご案内
  3. 脳卒中センター
  4. 診療方針

病院のご案内

脳卒中センター

診療方針

ごあいさつ・特色

県立姫路循環器病センターは、平成17年6月1日に脳卒中センターを開設しました。

脳卒中センターでは、24時間体制で急性期の脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血などの脳卒中患者の治療を総合的に行います。

脳卒中による年間死亡者数は、悪性新生物(がん)、心疾患に次いで多く、死亡原因の第3位を占めています。また、いったん発症すると社会復帰、職場復帰できる率が他の疾患と比べると非常に低く、手足や言葉に不自由を残したり寝たきり状態に陥ったりして、長期の療養や介護が必要になりますと、ご家族にも多大な社会的経済的影響を与えます。

このため、脳卒中は「治らない病気」という風潮がつい最近までありました。しかし、近年のめざましい医療技術や医療機器の進歩、診断力の向上により、脳卒中は超急性期での適切な治療を開始することにより、患者さんの後遺症を大幅に少なくできることがわかってきました。つまり、早期の診断と治療の開始が非常に重要なのです。

当センターは、心臓と脳の専門病院として高度な診療機能を有し、脳卒中の治療においても優れた実績を上げてきました。この度の脳卒中センターの設置により、超急性期のMRI診断、リハビリテーションの開始など診療機能をさらに拡充し、脳卒中チームとして総合的な診療を行うことにより、さらなる脳卒中患者の予後の向上を目指すこととしました。

診療体制

  1. 脳卒中集中治療室(Stroke Care Unit:SCU)および脳卒中病床(Stroke Unit:SU)でのチーム医療
    救命救急センター集中治療室の中にSCUを4床、神経内科、脳神経外科病棟の中にSUを各20床設置し、医師、看護師、検査・放射線部、薬剤部、リハビリテーション部、栄養指導部、地域連携課など多職種がチームとして連携しながら脳卒中の集中的、継続的な診療や、介護するご家族の支援を行います
  2. 24時間体制での脳卒中患者の受け入れ
    脳卒中患者を24時間体制で受け入れ、神経内科医と脳神経外科医が連携して治療を行います。診療スタッフは、神経内科医5人、脳神経外科医5人です。これらの医師が、夜間でも当直とオンコール2人(神経内科医と脳神経外科医)が連携して脳卒中の治療に当たります。さらに、脳卒中は心疾患とも非常に関連性が強く、両疾患が合併したり、一方が隠れていることも多いのですが、循環器病の専門医も24時間常駐していますので、多角的な治療が可能です。
  3. 24時間体制での診断検査
    CT, MRI&MRA, 脳血管造影などの診断検査が24時間可能です。
  4. 脳梗塞超急性期治療を行う体制
    脳梗塞超急性期に対して血栓溶解療法(t-PA静注療法)や血管内治療(機械的血栓回収術)を行う体制を整えています。
  5. 急性期リハビリテーション機能の充実
    脳卒中で入院した全患者(重症例も含め)に対して、入院直後からリハビリテーションを開始します。早期から基本的日常動作能力の獲得や回復期リハビリテーションへのスムーズな移行を目標にしています。
  6. 地域医療連携および市民への啓発
    近隣の医師との連携を深め、また地域の一般の人々に対しての市民講座を開き、脳卒中に対する知識の普及・脳卒中予防についての啓発を行います。

施設/診断機器

施設
  • SCU(Stroke Care Unit):4床
  • SU(Stroku Unit):2病棟 各20床
診断のための高度医療機器
  • CT(ヘリカルCT、64列CT)各1台(24時間稼働)
  • MRI装置(1.5Tesla,3Tesla)2台(24時間稼働)
  • 脳血管撮影装置(24時間稼働)
  • 術中DSA装置(24時間稼働)
  • 頚動脈超音波
  • 頚頭蓋超音波
  • SPECT(脳血流測定装置)
  • 初診の方へ 受付時間 9:00-11:30
  • 再診の方へ 事前にご予約が必要です
  • 外来診療担当表
診療時間
初診 9:00-11:30
再診 予約制
079-293-3131
休診日 土・日曜日、祝日、
12月29日から1月3日
TEl 079-293-3131

診療科ごとの休診日は外来診療担当表をご覧ください。

外来診療担当表
交通アクセス
アクセス
〒670-0981
兵庫県姫路市西庄甲520
詳しいアクセス